メニュー閉じる

*はんれいがん【はんれい岩】

深成岩(しんせいがん一種(いっしゅで,すべてはん(しょうからなる粗粒(そりゅうの岩石。二酸化(にさんかケイ(が50%前後,有色鉱物(こうぶつ(りょうが40〜70%の苦鉄質(くてつしつで,火山岩の玄武岩(げんぶがんに相当する組成(そせいをもつ。おもに無色鉱物(むしょくこうぶつである(しゃ長石と,有色鉱物(こうぶつである輝石(きせき・カンラン石・角セン石・磁鉄鉱(じてっこうなどをふくむ。大陸地殻(たいりくちかくや海洋地殻(ちかくの下部をつくるおもな岩石と考えられている。花こう岩にともなって産出(さんしゅつする。◇石材(せきざいでは飛白(かすり石,黒御影(みかげともよばれる。

コーチ

 はんれい岩は等粒状組織(とうりゅうじょうそしき(しめす。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP