メニュー閉じる

*ヒガンバナ【<彼岸花>】

原野の道ばた・田のあぜ・墓地(ぼちなどに生える多年草。一名マンジュシャゲ。群生(ぐんせいすることが多い。地下に広だ円形のりん(けいがある。葉は秋にりん(けいからでて翌年(よくねん5月ごろかれる。秋になると40〜50cmの花茎(かけいを直立し,先端(せんたんに6〜8(の赤色の花を開く。実をむすばない。花期:9〜10月。分布(ぶんぷ:本州・四国・九州・沖縄(おきなわ・中国。(被子植物(ひししょくぶつ キジカクシ(もく(クサスギカズラ(もく) ヒガンバナ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP