メニュー閉じる

*ひきゃく【飛脚】

江戸(えど時代,手紙やお金・小荷物などを運んだ人。鎌倉(かまくら時代から実用化され,江戸(えど時代にさらに整備(せいびされた。江戸(えど時代の飛脚(ひきゃくには,幕府(ばくふ経営(けいえいで人馬を(ぎかえた継飛脚(つぎびきゃく(かく大名の大名飛脚(だいみょうびきゃく民間(みんかん町飛脚(まちびきゃくがあり,五街道(かいどう主要(しゅよう都市に設置(せっちされた。1871(明治(めいじ4)年に郵便(ゆうびん制度(せいど成立(せいりつするとなくなった。

コーチ

 1663年ころ幕府(ばくふ許可(きょか(てできた江戸(えど京都(きょうと大阪(おおさかをむすぶ町飛脚(まちびきゃくは,月3度往復(おうふくしたので三度飛脚(さんどびきゃくともいった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP