メニュー閉じる

*ひぐちいちよう【樋口一葉】

(1872〜1896)明治(めいじ時代の小説(しょうせつ家。本名奈津(なつ東京(とうきょうに生まれる。小さいときから抜群(ばつぐんの学業成績(せいせきをあげ,15歳で和歌を中島歌子(なかじまうたこに学ぶが,兄や父がつづいてなくなり,18歳で一家をやしなう責任(せきにんをせおった。苦しい生活のなかで小説(しょうせつ家をこころざし,半井桃水(なからいとうすい(朝日新聞の小説(しょうせつ記者)に小説(しょうせつを学んで,習作などを発表したが,『文学界』に発表した『たけくらべ』で一躍(いちやく有名になった。ほかに『にごりえ』『十三夜』『大つごもり』などを発表。しかし肺結核(はいけっかくがしだいに進行し,25(さいでこの世を去った。◇現在(げんざいの5000円紙幣(しへい肖像(しょうぞう印刷(いんさつされている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP