メニュー閉じる

ひこうせん【飛行船】

空気より軽いヘリウム(初期(しょきには水素(すいそ)の気体を胴体(どうたいにつめて空中にうかべ,ガソリン機関(きかんなどを動力として飛行(ひこうする航空機(こうくうき。19世紀(せいきの終わりごろ実用化され,1930年代までは輸送(ゆそう用に用いられたが,現在(げんざいでは広告(こうこく用など,特殊用途(とくしゅようとのみに利用(りようされている。◇1852年の9月,フランスのジファールが最初(さいしょ飛行(ひこう成功(せいこうした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP