メニュー閉じる

*ひしかわもろのぶ【菱川師宣】

(1618?〜1694)江戸(えど時代初期(しょき浮世絵師(うきよえし安房(あわ国(千葉(ちば県)に生まれる。江戸(えどにでて狩野派(かのうは土佐派(とさはなどの絵を学び,それぞれの長所をとり入れて,浮世絵(うきよえという新しい絵画様式を大成(たいせいした。当時の風俗(ふうぞくをえがいたものが多く,とくに美人画を得意(とくいとした。代表作に「見返り美人図」がある。

コーチ

 肉筆の浮世絵(うきよえだけでなく,浮世絵(うきよえ版画(はんが活躍(かつやくし,浮世絵(うきよえ民衆(みんしゅうの間に広めることにつくした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP