メニュー閉じる

ひししょくぶつじだい【被子植物時代】

被子(ひし植物がさかえた時代。中生代白亜紀(はくあき後期から,被子(ひし植物が急にふえてきたので,これ以後現在(いごげんざいまでを被子(ひし植物時代という。◇被子(ひし植物は,裸子(らし植物とちがい,種子(しゅし胚珠(はいしゅにおおわれているため,自然環境(しぜんかんきょう変化(へんかに強い。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP