メニュー閉じる

ヒストグラム

度数分布(ぶんぷ表で(しめされた数値(すうちを,グラフに表すときに使われるもの。柱状(ちゅうじょうグラフともいう。

コーチ

 (ぼうグラフとは(ことなり,階級と階級の間を区切らずにあけない(ぼうをかく。

度数分布(ぶんぷとヒストグラム

調査(ちょうさした資料(しりょうについて,その最大値(さいだいち最小値(さいしょうちを調べ,それらをふくむ範囲(はんいをきめ,さらに,いくつかの一定の長さの区間に分ける。この(かく区間を「階級」とよび,(かく区間の長さを「階級の(はば」という。(かく階級ごとの資料(しりょうの数を「度数」といい,(かく階級を底辺(ていへんとし,度数を高さとする長方形で表したものがヒストグラムである。

相対度数

(かく階級の度数を度数の総和(そうわでわったものを「相対度数」という。これは,全体を1としたときの,度数の全体に対する割合(わりあいで,よく百分(りつ(パーセント)に換算(かんさんされる。また,度数を順々(じゅんじゅんにくわえてつくったものを,「累積(るいせき度数」という。

平均値(へいきんち

階級の中央の(あたいを「階級(」という。平均値(へいきんちは,資料(しりょう(あたいの合計を資料(しりょう総数(そうすうでわればもとめられるが,次のようにしても,もとめられる。(階級(×度数)の総和(そうわ÷度数の総和(そうわ

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP