メニュー閉じる

ビゼー(ジョルジュ=)

(1838〜1875)フランスの作曲家。父は声楽教師(きょうし,母はピアノ奏者(そうしゃという家庭に育ち,早くから音楽教育をうけ,9(さいでパリ音楽院に入学。1857年ローマ大賞(たいしょうを受け,イタリアに留学(りゅうがく。帰国後,歌曲作曲家として立ち,オペラ『カルメン』で,国民歌劇(こくみんかげき典型(てんけいをつくった。劇的(げきてき迫力(はくりょく軽快(けいかい律動(りつどう特徴(とくちょう。ほかに,オペラ『真珠採(しんじゅとり』,組曲『アルルの女』など。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP