メニュー閉じる

ひだかがわ【日高川(和歌山県の町)】

和歌山(わかやま県中央部,紀伊(きい半島西部にある町。奈良(なら(きょうから西流する日高(ひだか川の中・下流(いきをしめる。町の面積(めんせき(やく9(わりが林野で,スギ・ヒノキ・マツなどの木材(もくざい備長炭(びんちょうたん産出(さんしゅつ。下流部の川辺(かわべはミカン栽培(さいばいがさかんで,安珍(あんちん清姫(きよひめの物語で有名な道成(どうじょう寺がある。丹生(にう神社の「笑い祭」は江戸(えど時代から(つたわる奇祭(きさい。JR紀勢(きせい本線が西(たん部を通り,阪和(はんわ自動車道と(むすぶ有料道路のインターチェンジがある。◇2005(平成(へいせい17)年5月,川辺(かわべ町と中津(なかつ美山(みやまの2村が合併(がっぺいして成立(せいりつ。人口:1.1万(2013年)。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP