メニュー閉じる

*ビタミン

微量(びりょうで動物の栄養(えいよう支配(しはいし,生体内の代謝(たいしゃや生理機能(きのうに対して触媒(しょくばい(てきにはたらく有機(ゆうき化合物。脂溶性(しようせいビタミンと水溶性(すいようせいビタミンに大別(たいべつされ,いろいろな種類(しゅるいがある。もしもこれが欠乏(けつぼうすると成長(せいちょう停止(ていしするなど,(かくビタミン特有(とくゆう欠乏症状(けつぼうしょうじょうがあらわれる。◇その必要性(ひつようせいは1906年にホプキンズが指摘(してきし,1911年にフンクがビタミンと命名した。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP