メニュー閉じる

*びっちゅうぐわ【備中ぐわ】

古くから土をおこすために使われている代表的(だいひょうてきな農具。くわの(の部分が1(まいの歯でなく,くしの歯のように分かれていて,歯の数によって3本備中(びっちゅう・4本備中(びっちゅう・5本備中(びっちゅうとよばれる。江戸(えど時代中期には全国的(ぜんこくてき普及(ふきゅう

コーチ

 これによって(れ地の開墾(かいこんや土を深くたがやすことが可能(かのうになり,農業生産(せいさんを高めた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP