メニュー閉じる

ひばく【被曝】

「曝(さら)される」の意味で,放射線(ほうしゃせんをあびること。原爆(げんばくなどの核兵器(かくへいきによるものは,熱線(ねっせん衝撃波(しょうげきはもふくめて「被爆(ひばく」の字を使う。外部被曝(ひばくと内部被曝(ひばく,また全身被曝(ひばくと部分被曝(ひばくに分けられる。外部被曝(ひばくは体の外から放射線(ほうしゃせんを受けることで,γ(ガンマ線と中性子(ちゅうせいし線が問題になる。内部被曝(ひばく放射性物質(ほうしゃせいぶっしつを食べ物とともに食べたり,ちりとして((んだりして体内にとりこむことをいい,(とくα(アルファ線とβ(ベータ線の影響(えいきょうが大きい。いずれもさまざまな放射線障害(ほうしゃせんしょうがいをひき起こす。被曝量(ひばくりょう単位(たんいはシーベルト(Sv)を用いる。⇒放射線(ほうしゃせん放射線障害(ほうしゃせんしょうがい,シーベルト

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP