メニュー閉じる

ヒメアカタテハ

ふつう4〜5(がつに羽化し,秋までに年4〜5回発生する。秋に(もっとも多く見られるチョウ。ゴボウ畑に大発生し,害虫(がいちゅうとされることもある。開けた草地や畑の周辺(しゅうへんにすみ,市街(しがい地でも見かける。すばやく(び,コスモスやセイタカアワダチソウなどで吸蜜(きゅうみつする。(たまごは食草の葉のうらに1(ずつうみつける。食草はキク科のヨモギ・ハハコグサ・ゴボウなど。開張(かいちょう:40〜50mm。(られる時期(じき:5(がつ(あき分布(ぶんぷ:日本全土(ぜんど。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく タテハチョウ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP