メニュー閉じる

*ひゃくしょういっき【百姓一揆】

江戸(えど時代の百姓(ひゃくしょう反抗(はんこう運動。重い年貢(ねんぐ,村役人の不正(ふせい専売制(せんばいせい実施(じっしなどがおもな原因(げんいんで,とくに中期ごろから激化(げきかした。初期(しょきには村の名主(なぬしたちが領主(りょうしゅ直訴(じきそする形が多かったが,中期ごろから農民(のうみんが大規模(きぼに立ちあがって反抗(はんこうするようになり,末期(まっきにはまずしい農民(のうみんたちが領主(りょうしゅのほか,村役人や地主まで攻撃(こうげきするようになった。

コーチ

 百姓一揆(ひゃくしょういっきは18世紀(せいき前半の享保(きょうほう改革(かいかくのころから増加(ぞうかし,天明(てんめい天保(てんぽう年間に急増(きゅうぞうしている。これは,ききんなどが大きな要因(よういんになっている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP