メニュー閉じる

*ひゃくしょうだい【百姓代】

江戸(えど時代の村役人(村方三役(むらかたさんやく)の1つ。村民(そんみんの代表として名主(なぬし庄屋(しょうや)・組頭(くみがしら行為(こうい監視(かんしし,名主(なぬしらが年貢(ねんぐ費用(ひよう(りあてるとき,それに立ちあって公平にするようにした。本百姓(ほんびゃくしょうの中から有力な者が2〜3人えらばれた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP