メニュー閉じる

*ひゃくようばこ【百葉箱】

地上で気象観測(きしょうかんそくするためにおかれているよろい戸のついた箱。「ひゃくようそう」ともよむ。気温や湿度(しつど観測(かんそくは戸外でしなければならないが,日射(にっしゃや雨,雪に影響(えいきょうされないように百葉箱の中で行う。白ペンキをぬり熱吸収(ねつきゅうしゅうを少なくして,よろい戸のすき間から風が通りぬけるように設計(せっけいされている。とびらは北向きにし,観測(かんそく時に日光が入らないようにする。露場(ろじょうという芝生(しばふの平地の中央に,(そこの高さ1mくらいにおく。ふつう,この中には自記温度計・自記湿度(しつど計・通風乾湿(かんしつ計・最高最低(さいこうさいてい温度計などをおく。◇気象官署(きしょうかんしょでは,1993(平成(へいせい5)年3月から百葉箱を使った気象観測(きしょうかんそくをやめ,同じ条件(じょうけん下においた白金抵抗(ていこう温度計や塩化(えんかリチウム露点(ろてん計で気温や湿度(しつど観測(かんそくすることになった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP