メニュー閉じる

*ひょう【<雹>】

積乱雲(せきらんうんなどからふってくる直径(ちょっけい5mm以上(いじょうの氷のかたまり。上昇(じょうしょう気流がひじょうに大きい積乱雲(せきらんうんの中の0℃以下(いか(そうで,過冷却水滴(かれいきゃくすいてき(0℃以下(いかでもこおらない水滴(すいてき)をとらえて大きくなった氷晶(ひょうしょうが何回もふきあげられてさらに大きくなり,落下してきたものがひょうである。夏の雷雨(らいうに多く,農作物に大きな被害(ひがいをあたえる。とくに葉物(葉を食べる野菜(やさい)や果実(かじつは,大被害(ひがいを受けることが多い。形は球や円盤状(えんばんじょうが多く,内部は全部透明(とうめいな氷の場合や白色の氷と透明(とうめいな氷の(そう交互(こうご球状(きゅうじょうに重なっている場合もある。

コーチ

 直径(ちょっけいが5mm以下(いかのものは雪あられ,氷あられ,凍雨(とううなどといって区別(くべつする。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP