メニュー閉じる

ひょうき【氷期】

氷河(ひょうが時代の中のひじょうに寒冷(かんれいな時期。一般(いっぱんには,新生代第四(更新世(こうしんせいに数万〜10万年の周期(しゅうきでおとずれた氷期をさすことが多い。最盛(さいせい期には山岳(さんがく氷河(ひょうがだけでなく,氷床(ひょうしょうが中緯度地域(いどちいきにまで広がり,陸地(りくち(やく30%(現在(げんざい(やく10%)をおおった。氷期には海面が低下(ていかし,現在(げんざいよりも100〜150mひくかった。気温も現在(げんざいより(やく5〜10℃ひくかった(比較的(ひかくてきあたたかい間氷期との較差(かくさは10℃くらいといわれる)。日本列島は大陸(たいりくとほとんど(りくつづきになり,山岳地帯(さんがくちたいには氷河(ひょうが発達(はったつした。◇最後(さいごの氷期は(やく1万年前までに終わり,現在(げんざいは間氷期にあたり,後氷期とよばれる。

コーチ

 過去(かこ70万年間に少なくとも8回の氷期がおとずれている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP