メニュー閉じる

びょうしょうろくしゃく【病牀六尺】

正岡子規(まさおかしき随筆(ずいひつ。1902(明治(めいじ35)年発表。病状(びょうじょうが悪化していくなかで,写生についての(せつ身辺(しんぺんのことや俳友(はいゆうのことなど,死の2日前まで書きつづけられた日記風の病床随筆(びょうしょうずいひつである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP