メニュー閉じる

ひらいしん【避雷針】

高い建造(けんぞう物などを落雷(らくらい被害(ひがいから守るためにつけられる装置(そうち建造(けんぞう物の上部に金属製(きんぞくせい(はりのようにとがったものをつけ,地中に接地(せっちした電極(でんきょくとを導体(どうたいでむすんだもの。(かみなりが発生したとき,雷雲(らいうんのもつ電気を大地に放電させるようにする。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP