メニュー閉じる

*ひらたあつたね【平田篤胤】

(1776〜1843)江戸(えど時代末期(まっきの国学者。出羽(でわ国(秋田(あきた県)の生まれ。本居宣長(もとおりのりなが著書(ちょしょを読んで感激(かんげきし,(ゆめのなかで宣長(のりながのゆるしを(たといって,「宣長没後(のりながぼつごの門人」をとなえ国学の研究にはげんだ。そして,(の古道(せつ宗教的(しゅうきょうてき復古(ふっこ神道に発展(はってんさせ,日本は(もっともすぐれた神の国であると主張(しゅちょうした。

コーチ

 このような考えは,やがて尊王(そんのう思想とむすびついて,幕末(ばくまつ尊王攘夷(そんのうじょうい運動に影響(えいきょうをあたえた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP