メニュー閉じる

*ひらつからいちょう【平塚らいてう(雷鳥)】

(1886〜1971)大正・昭和時代の婦人(ふじん運動家・評論(ひょうろん家。東京(とうきょうに生まれ,本名は奥村明子(おくむらはるこ。「らいてう」は雷鳥(らいちょう旧仮名読(きゅうかなよみにしたもの。1911(明治(めいじ44)年に文芸誌(ぶんげいし青鞜(せいとう』を創刊(そうかんして女姓(じょせい自我(じが確立(かくりつをうったえ,1920(大正9)年には市川房枝(いちかわふさえらと新婦人協会(ふじんきょうかい結成(けっせいし,婦人(ふじん権利拡大(けんりかくだいの運動に活躍(かつやく。第二次世界大戦(たいせん後は,核兵器(かくへいき反対などの平和運動にとりくんだ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP