メニュー閉じる

**ひりょう【肥料】

農業・園芸(えんげいなどで,植物を育てるとき,土壌(どじょう中に不足(ふそくしがちな養分(ようぶん,または葉・花・果実(かじつなど,とくに発達(はったつさせたい部分に必要(ひつよう養分(ようぶんを,吸収(きゅうしゅうされやすい状態(じょうたいにしてあたえるもの。窒素(ちっそ・リン(さん・カリは肥料(ひりょうの3要素(ようそとよばれ,とくに主要(しゅようなものである。また,ふん尿(にょう・たい(・草木(ばいなどを天然肥料(てんねんひりょう硫安(りゅうあん(リン(さん石灰(せっかい塩化(えんかカリなどを化学肥料(ひりょう金肥(きんぴ)とよぶ。◇土壌(どじょう酸性(さんせい度を調節(ちょうせつする目的(もくてきに用いる肥料(ひりょうもある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP