メニュー閉じる

ビルマのたてごと【ビルマの竪琴】

竹山道雄(たけやまみちお長編小説(ちょうへんしょうせつ。1948(昭和23)年(かん。第二次世界大戦末期(たいせんまっきのビルマ(今のミャンマー)の戦場(せんじょう舞台(ぶたいに(主人公は水島上等兵(みずしまじょうとうへい),音楽による国境(こっきょうをこえた感動と人道主義的(しゅぎてき情熱(じょうねつをえがく。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP