メニュー閉じる

ひんきゅうもんどうか【貧窮問答歌】

万葉集(まんようしゅう』第5(かんにおさめられている山上憶良(やまのうえのおくらの長歌。氷雨(ひさめの夜には寒さにふるえながらも,ひげをなでながら自分ほどえらい人間はないと自慢(じまんをしている。だが,そのまわりでは女房(にょうぼう・子どもがひもじさに(いている。どうして自分だけがこんなめにあわなければならないのか,世の中は無常(むじょうなものだ,という内容(ないようの歌。

コーチ

 律令制(りつりょうせいのもとで苦しい生活にあえぐ農民(のうみんのすがたがえがかれている。

史料

貧窮(ひんきゅう問答歌

……かまどには 火気(ほけふき立てず (こしきには 蜘蛛(くも(かきて 飯炊(いいかしぐ 事も(わすれて 奴延鳥(ぬえどりの のどよひを(いおるに いとのきて 短き物を (はし切ると 言(るがごとく(しもと取る 里長(さとおさが声は 寝屋処(ねやどまで 来立ち((ぬ かくばかり (すべなきものか 世間(よのなかの道。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP