メニュー閉じる

マネ(エドアール=)

(1832〜1883)フランスの画家。それまでの暗い色調の伝統的(でんとうてきな画風にあきたらず,自然(しぜんの光をとりいれた明るい画風の絵をえがいて,フランスにおける印象派(いんしょうは誕生(たんじょうの先がけをなした。とくに人物画にすぐれ,代表作に「草上の昼食」「オランピア」「ギターひき」などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP