メニュー閉じる

まみやかいきょう【間宮海峡】

ロシアのシベリア東岸とサハリン(樺太(からふと)の間にある海峡(かいきょう狭義(きょうぎには(もっともせまい部分をいう。オホーツク海のアムール(わんと日本海をむすぶ。(もっと(せまい部分の(はばは7.3km。冬には結氷(けっぴょうし,氷上の交通が可能(かのう。1808〜1809年に間宮林蔵(まみやりんぞう確認(かくにんしたことから命名された。ロシア名はタタール海峡(かいきょう

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP