メニュー閉じる

*まみやりんぞう【間宮林蔵】

(1775〜1844)江戸(えど時代後期の探検(たんけん家。常陸(ひたち国(茨城(いばらき県)の農家の生まれ。長じて幕府(ばくふの役人となり,1800年に蝦夷(えぞ地(北海道)・千島(ちしま探検(たんけん参加(さんか,このとき伊能忠敬(いのうただたか測量術(そくりょうじゅつを学んだ。ついで1808年には幕府(ばくふ命令(めいれい樺太(からふと(サハリン)を探検(たんけんし,樺太(からふとが島であることをたしかめた。◇この功績(こうせきによって,シベリアとの間の海峡(かいきょうは「間宮海峡(まみやかいきょう」と名づけられた。

コーチ

 晩年(ばんねん幕府(ばくふ隠密(おんみつとなり,1828年におきたシーボルト事件(じけん告発(こくはつ者といわれる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP