メニュー閉じる

まるやさいいち【丸谷才一】

(1925〜2012)昭和・平成(へいせい時代の小説(しょうせつ家,評論(ひょうろん家,英文学(えいぶんがく者。山形(やまがた県生まれ。1950(昭和25)年,東京(とうきょう大学を卒業(そつぎょう後,国学院(こくがくいん大学などで教鞭(きょうべんをとるかたわら英文学(えいぶんがく翻訳(ほんやく評論(ひょうろんなどで活躍(かつやくをはじめる。1960(昭和35)年,最初(さいしょ小説(しょうせつ「エホバの(かお(けて」を発表,68年,「(ささまくら」で芥川賞(あくたがわしょう受賞(じゅしょう。「たった一人(ひとり反乱(はんらん」(72年),「裏声(うらごえ歌へ君(うたえきみ(」(82年),「(おんなざかり」(93年),「(かがや((みや」(2003年)などほぼ10年おきに長編小説(ちょうへんしょうせつを発表し,数々の文学(しょう受賞(じゅしょうした。王朝和歌や古典(こてん文学への造詣(ぞうけいも深く,『後鳥羽院(ごとばいん』『新々百人一首(しんしんひゃくにんいっしゅ』『忠臣蔵(ちゅうしんぐらとは(なにか』などの著作(ちょさくもある。学識豊(がくしきゆたかなエッセー,イギリス流の(すぐれた書評(しょひょうでもよく知られた。翻訳(ほんやくの代表作としてジョイス『ユリシーズ』(共訳(きょうやく)『(わか芸術家(げいじゅつか肖像(しょうぞう』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP