メニュー閉じる

まるやまおうきょ【円山応挙】

(1733〜1795)江戸(えど時代中期の日本画家。丹波(たんば国(京都府(きょうとふ)の農家に生まれ,少年時代から絵がすきで,京都(きょうとに出て狩野派(かのうはの絵を学び,またオランダの眼鏡(めがね絵から洋画の遠近(ほう陰影法(いんえいほうなども身につけた。さらに中国の写生画体に学んで新様式を確立(かくりつ,写生を特色(とくしょくとする円山派(まるやまはをおこした。代表作は「雪松図(せっしょうず」「保津川図(ほづがわず」などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP