メニュー閉じる

マンガンクラスター

光合成(こうごうせいの,明反応(めいはんのう(光エネルギーをとりこみ,水を分解(ぶんかいして酸素(さんそをつくりだす化学反応(はんのう)で大きな役割(やくわりをになう物質(ぶっしつ。植物の光合成(こうごうせいは葉緑体のチラコイド(まく上のタンパク質複合体(しつふくごうたいによる光化学反応(はんのう(光を吸収(きゅうしゅうして行われる化学反応(はんのう=電子のやりとり)のことをいうが,複雑(ふくざつないくつもの段階(だんかいをふんで行われる反応(はんのうで,全体(ぞうはまだ明らかにされていない。しかし,その第1段階(だんかいが,PSⅡ(光化学(けいⅡ)というタンパク質複合体(しつふくごうたいが光エネルギーを吸収(きゅうしゅうして,酸化還元反応(さんかかんげんはんのうによって水を分解(ぶんかいして電子をひきだすことだとはわかっている。PSⅡは20個のタンパク(しつ複合体(ふくごうたいで,その中心部にあって触媒(しょくばいのはたらきをする物質(ぶっしつがマンガンクラスターである。◇2011(平成(へいせい23)年,マンガンクラスターの原子の立体構造(こうぞうを日本の神谷信夫(かみやのぶお沈建仁(しんけんじんの2人の研究者が解明(かいめいした。→光合成(こうごうせい,葉緑体

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP