メニュー閉じる

ミケーネぶんめい【ミケーネ文明】

紀元(きげん前15〜前12世紀(せいきころ,ギリシャのペロポネソス半島のミケーネを中心におこった青銅器(せいどうき文明。クレタ文明の影響(えいきょうを受けてギリシャ人がきずいた。農耕(のうこう牧畜(ぼくちく貿易(ぼうえきによってさかえ,王は巨石(きょせきを用いて堅固(けんご(しろをきずいてその中の宮殿(きゅうでんに住んだ。◇19世紀末(せいきまつ,シュリーマンにより発掘(はっくつされた。◇エーゲ文明の後期にあたり,のちのギリシャ文化のさきがけとなった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP