メニュー閉じる

*みしまゆきお【三島由紀夫】

(1925〜1970)昭和時代の小説(しょうせつ家・(げき作家。東京(とうきょうに生まれる。学習院中等科在学(ざいがく中から小説(しょうせつを書きはじめ,1944(昭和19)年に最初(さいしょ短編(たんぺん集『花ざかりの森』を発表。東京(とうきょう大学法学(ほうがく部を卒業(そつぎょう後,『仮面(かめん告白(こくはく』で作家としての地位(ちいをきずいた。代表作に『禁色(きんじき』『潮騒(しおさい』『金閣寺(きんかくじ』『豊饒(ほうじょうの海』などの小説(しょうせつ,『鹿鳴館(ろくめいかん』『サド侯爵夫人(こうしゃくふじん』などの戯曲(ぎきょくがある。◇1970(昭和45)年11月25日に割腹自殺(かっぷくじさつした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP