メニュー閉じる

みずのみびゃくしょう【水呑み百姓】

江戸(えど時代,本百姓(ほんびゃくしょうから田畑を(りて耕作(こうさくしていた百姓(ひゃくしょう原則(げんそくとして検地(けんち(ちょうには登録(とうろくされず,村の自治(じち参加(さんかできない場合も多かった。現代(げんだいでは使われないことば。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP