メニュー閉じる

みついたかとし【三井高利】

(1622〜1694)江戸(えど時代初期(しょきの商人。伊勢(いせ国(三重(みえ県)松阪(まつさかの生まれ。1673年,江戸(えどに出て呉服(ごふく越後(えちご屋を開き,「現銀安売掛値(げんぎんやすうりかけねなし」の新商法(しょうほう成功(せいこう,のち両替(りょうがえ商もいとなみ,各地(かくち支店(してんを開いた。さらに幕府(ばくふ為替用達(かわせようたしとなってからはますますさかえ,三井(みつい家の基礎(きそをきずいた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP