メニュー閉じる

みなかたくまくす【南方熊楠】

(1867〜1941)明治(めいじ〜昭和時代の生物学者・民族学(みんぞくがく者。和歌山(わかやま県の生まれ。15年間アメリカ合衆国(がっしゅうこくをはじめ世界各地(かくち遊歴(ゆうれきし,ロンドン学会の天文学懸賞論文(けんしょうろんぶんで第1(となり,大英博物(だいえいはくぶつ館の東洋調査(ちょうさ部に勤務(きんむ民俗(みんぞく学・文献(ぶんけん学・言語学に精通(せいつうし,菌類(きんるいの研究でも有名。著書(ちょしょに『十二支考(じゅうにしこう』など論文(ろんぶんも多い。また,日本で(はじめて自然環境(しぜんかんきょう保全(ほぜん運動を行った。◇ものおぼえがよく19か国語を読み書きできたという。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP