メニュー閉じる

*みなとまち【港町】

港を中心に発達(はったつした町。鎌倉(かまくら室町(むろまち時代以後(いご,商業が発達(はったつしてくると,海上交通の要地(ようち貿易(ぼうえき港に商品の運送や販売(はんばいにあたる問丸(といまる倉庫(そうこがもうけられ,しだいに港町が成立(せいりつした。とくに瀬戸内(せとない海・(よど川・琵琶(びわ湖・日本海沿岸(えんがん主要(しゅような港,勘合貿易(かんごうぼうえきの港であった(さかい大阪府(おおさかふ)・博多(はかた福岡(ふくおか県)などに発達(はったつ。◇「(」のつく地名が多い。

コーチ

 江戸(えど時代,沿岸航路(えんがんこうろと商品経済(けいざい発達(はったつにともなって,城下町(じょうかまちについでさかえた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP