メニュー閉じる

*みなまたびょう【水俣病】

1953(昭和28)年ごろから熊本(くまもと水俣(みなまた市を中心に,八代(やつしろ沿岸(えんがんに多発した公害(こうがい病。水俣(みなまた付近(ふきんの海でとれた魚介類(ぎょかいるい常食(じょうしょくしていた人の神経(しんけいがおかされ,手足のまひや言語・目・耳の障害(しょうがいがおこり,死亡(しぼう者も多数出た。原因(げんいん水俣(みなまた市にある化学工場の廃水(はいすいにふくまれていた有機(ゆうき水銀が海に流れこみ,魚などをへて人体に入ったためといわれる。◇水俣(みなまた市につづいて新潟(にいがた阿賀野(あがの流域(りゅういきでも同じ病気(新潟水俣(にいがたみなまた病)が発生し,問題になった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP