メニュー閉じる

みなみあいづ【南会津(福島県の町)】

福島(ふくしま県南西部,南を栃木(とちぎ県に(せっする山間部の町。阿賀野(あがの水系(すいけいの上流(いきにあたり,町の総面積(そうめんせきの大部分を山林がしめる典型的(てんけいてき中山間地(ちゅうさんかんち。東部の(おお沿(いの田島(たじまは,江戸(えど時代に会津西街道(あいづにしかいどう主要(しゅよう宿場町(しゅくばまちとしてさかえた。精密機器(せいみつきき部品・光学ガラス加工(かこう品・通信機器(つうしんきき部品・繊維(せんいなどの工場を誘致(ゆうち各地(かくち温泉(おんせん・スキー場がある。会津(あいづ鉄道・野岩(やがん鉄道が通じる。◇2006(平成(へいせい18)年3月,田島(たじま町,舘岩(たていわ村,伊南(いな村,南郷(なんごう村の1町3村が合併(がっぺいして成立(せいりつ。人口:1.7万(2013年)。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP