メニュー閉じる

みなもとのよしいえ【源義家】

(1039〜1106)平安時代後期の武将(ぶしょう頼義(よりよしの長男で,元服(げんぷくして八幡太郎(はちまんたろうと名のった。父とともに前九年の(えきにしたがって戦功(せんこうを立て,のち陸奥(むつの守兼鎮守府将軍(かみけんちんじゅふしょうぐんになり,後三年の(えきを平定。このとき,朝廷(ちょうていからは恩賞(おんしょうがなかったので,義家(よしいえは自分の財産(ざいさんを家来たちに分けあたえ,東国における源氏(げんじ勢力(せいりょくをかためた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP