メニュー閉じる

*みなもとのよりまさ【源頼政】

(1104〜1180)平安時代末期(まっき武将(ぶしょう保元(ほうげん(らんでは源為義(みなもとのためよし為朝(ためともらとたたかい,平治(へいじ(らんでは平清盛(たいらのきよもりらに味方した。のち平氏(へいし横暴(おうぼう政治(せいじ不満(ふまんをいだき,1180年,以仁王(もちひとおう(ほうじて平氏(へいしをほろぼそうと(へいをあげたが,やぶれて宇治(うじ京都府(きょうとふ)の平等院(びょうどういん自殺(じさつした。

コーチ

 頼政(よりまさ挙兵(きょへいをきっかけに,諸国(しょこく源氏(げんじが立ちあがった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP