メニュー閉じる

みやぎみちお【宮城道雄】

(1894〜1956)大正・昭和期の邦楽(ほうがく家・作曲家。兵庫(ひょうご県に生まれる。7(さいのとき失明(しつめいし,2世中島検校(なかじまけんぎょう生田(いくた流の箏曲(そうきょくを学んだ。16(さいのとき『水の変態(へんたい』を作曲。以後(いご洋楽的手法(ようがくてきしゅほうもとり入れて,つねに新しいこころみを行い,300曲以上(いじょうも作曲して邦楽(ほうがくの近代化につくした。代表作は『春の海』『桜変奏(さくらへんそう曲』『数え唄変奏(うたへんそう曲』など。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP