メニュー閉じる

**みやざき【宮崎(県)】

県名の由来

神武天皇(じんむてんのう宮居(みやい,または奈古(なこ神社の前に広がる地,宮前(みやまえが転化して宮崎(みやざきとなったといわれている。この宮崎郡(みやざきぐん県庁(けんちょうがおかれたのが,県名のおこりである。

県庁所在地 宮崎(みやざき

県の面積 7736km2

県の人口 114万人

県の代表的な伝統工芸品と祭り

〔伝統工芸品〕 ○本場大島(おおしまつむぎ

〔祭り〕 ○高千穂夜神楽(たかちほよかぐら高千穂(たかちほ町,11月22日〜2月)

位置(いち・地形・気候(きこう

宮崎(みやざき県は九州の南東部に位置(いちし,東は日向灘(ひゅうがなだ(太平洋)に面している。北部と西部には九州山地がそびえ,南西には霧島(きりしま火山(たいがあって,鹿児島(かごしま県との(さかいをつくる。

これらの山地が県の面積(めんせき(やく80%をしめ,平地は,県の中部から南部にかけての日向灘(ひゅうがなだぞいに広がる宮崎(みやざき平野と,南西部の内陸(ないりく部にある小林盆地(こばやしぼんち都城盆地(みやこのじょうぼんちくらいである。

五ヶ瀬(ごかせ川・一ツ瀬(ひとつせ川・大淀(おおよど川など,川は西の山地から東に流れ,日向灘(ひゅうがなだに注ぐ。

気候(きこうは,黒潮(くろしお影響(えいきょうを受けて温暖(おんだんで,年間を通して日照(にっしょう時間も長い。南部の日南(にちなん海岸では,バナナ・ソテツなどの亜熱帯(あねったい植物がしげっている。

歴史(れきし

宮崎(みやざき県は,古代にはヒムカの国とよばれていた。東に向かって開け,海からのぼる太陽を受ける意味で,そこから日向(ひゅうが国となったといわれる。日本の国づくりの神話が多く(つたわる地域(ちいきで,西都(さいと市には,5〜6世紀(せいきごろの330もの西都原古墳群(さいとばるこふんぐんがある。

平安時代には,現在(げんざい大分(おおいた県にある宇佐神宮領(うさじんぐうりょうが多かったが,鎌倉(かまくら時代に島津氏(しまづし守護(しゅごとなり,室町(むろまち時代には南部に伊東氏(いとうし勢力(せいりょくをふるった。江戸(えど時代にはいくつもの小藩(しょうはん幕府(ばくふ直轄領(ちょっかつりょうに分けられた。

明治(めいじ(はじめの廃藩置県(はいはんちけん宮崎(みやざき県が誕生(たんじょう,一時鹿児島(かごしま県に併合(へいごうされたが,1883(明治(めいじ16)年に分離(ぶんりして,現在(げんざい宮崎(みやざき県が成立(せいりつした。

産業(さんぎょう

宮崎(みやざき県の第1次産業(さんぎょう従事(じゅうじする人口の割合(わりあい(やく12%(2010年)で,九州地方で(もっと割合(わりあいが大きく,農業県の性格(せいかくが強い。

宮崎(みやざき県の農業生産額(せいさんがくは全国5(で,九州では,鹿児島(かごしま県につぐ(2009年)。農業の中心は,宮崎(みやざき平野での野菜(やさい施設栽培(しせつさいばいと,都城盆地(みやこのじょうぼんちやえびの高原での畜産(ちくさんである。

宮崎(みやざき県の肉用牛の飼育(しいく数は,北海道(ほっかいどう鹿児島(かごしまについで全国3((ぶたとブロイラーも,鹿児島(かごしまについで全国2(であり,鹿児島(かごしまとならぶ畜産(ちくさん県となっている(ブロイラー2009年ほか2011年)。畜産(ちくさん生産額(せいさんがくは農業生産額(せいさんがくの半分以上をしめる。

工業は,化学工業が延岡(のべおか市で,食料(しょくりょう品工業が日向(ひゅうが市でさかんである。近年,IC工場が日向(ひゅうが市や宮崎(みやざき市に進出し,その生産額(せいさんがくもふえてきた。

促成栽培(そくせいさいばいの先進地宮崎(みやざき

新鮮(しんせんさをもとめられる野菜(やさいは,もともと消費(しょうひ地の近くで生産(せいさんされていた。また,以前(いぜんは,寒い冬につくることのできる野菜(やさいはかぎられていた。しかし,1970(昭和45)年ごろからの高速道路の整備(せいびや長距離(きょりフェリーの就航(しゅうこうは,野菜(やさいの長距離輸送(きょりゆそう可能(かのうにし,冬もあたたかい宮崎(みやざき県では,野菜(やさい促成栽培(そくせいさいばいが急速に広まっていった。

最初(さいしょは,野菜栽培(やさいさいばいは,台風の被害(ひがいをさけるために早づくりされた米の裏作(うらさくとして行われたが,輸送条件(ゆそうじょうけんがととのうにつれて,ビニルハウスなどの施設(しせつがどんどんふやされ,真冬には,ハウス内を暖房(だんぼうして栽培(さいばいされるようになった。

こうして,宮崎(みやざき県は夏野菜(やさいを冬につくって出荷する促成栽培(そくせいさいばい代表的(だいひょうてき産地(さんちとなった。おもなものはピーマン・キュウリ・トマトなどで,11月ごろから5月ごろまで出荷する。出荷先は,京阪神(けいはんしん京浜(けいひん地方をはじめ全国各地(かくちにおよび,遠く北海道(ほっかいどうにも送られている。現在(げんざい宮崎(みやざき県のキュウリの生産量(せいさんりょうは全国で第1(,ピーマンも第2(である(2010年)。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP