メニュー閉じる

みやざきやすさだ【宮崎安貞】

(1623〜1697)江戸(えど時代前期の農学者。安芸(あき国(広島(ひろしま県)の生まれ。福岡藩(ふくおかはんに仕えたが,30(さいをすぎてから(つとめをやめ,各地(かくちをめぐって農業の実態(じったいを調べ,農業技術(ぎじゅつ改良(かいりょうにつとめた。また,中国の農業書をくわしく研究し,これに40年の経験(けいけんをくわえて『農業全書』をあらわし,農業の発達(はったつに大きな役割(やくわりをはたした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP