メニュー閉じる

*みやざわけんじ【宮沢賢治】

(1896〜1933)大正・昭和時代の詩人・童話作家。岩手(いわて県に生まれる。農学校の教師(きょうしをしながら,詩や童話を書いた。のち教師(きょうしをやめて農民(のうみんの相談相手となり,稲作(いなさく肥料(ひりょうについて指導(しどうした。熱心(ねっしん法華経(ほけきょう信者(しんじゃでもあった。独特(どくとくのするどい感覚(かんかくとゆたかな想像(そうぞう力が,幻想的(げんそうてきな詩の世界を生みだしている。『銀河(ぎんが鉄道の夜』『風の又三郎(またさぶろう』『セロ(きのゴーシュ』『グスコーブドリの伝記(でんき』などの童話のほか,詩集『春と修羅(しゅら』がある。詩「雨ニモマケズ」が有名。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP