メニュー閉じる

みやしゅうじ【宮柊二】

(1912〜1986)昭和時代の歌人。新潟(にいがた県に生まれる。本名は(はじめ。中学在学(ざいがく中から短歌をつくりはじめ,北原白秋(きたはらはくしゅうの門に入った。しずかな境地(きょうちから対象(たいしょうを深く見つめ,『群鶏(ぐんけい』『山西省(さんせいしょう』『晩夏(ばんか』『日本挽歌(ばんか』など,すぐれた歌集をのこした。◇「吾一人孤独(われひとりこどくと思(ばさびしかり 一人出(ひとりいで来て冬の((ぶ」

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP