メニュー閉じる

*みよしたつじ【三好達治】

(1900〜1964)昭和時代の詩人。大阪(おおさか市に生まれる。1930(昭和5)年に最初(さいしょの詩集『測量船(そくりょうせん』を発表して,自然(しぜん感情(かんじょうをすなおにうたう叙情的(じょじょうてきな詩風をつくりあげた。1934年,堀辰雄(ほりたつおらと『四季(しき』を創刊(そうかん,その中心的(ちゅうしんてき詩人として活躍(かつやくし,フランスの詩と日本の伝統的(でんとうてき俳句(はいく教養(きょうようをもとに,独特(どくとくの詩の世界をめざすようになった。ほかに詩集『艸千里(くさせんり』『駱駝(らくだ(こぶにまたがって』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP