メニュー閉じる

みろくぼさつ【弥勒菩薩】

シャカの入滅(にゅうめつ後56(おく7000万年ののち,(ほとけになると約束(やくそくされた菩薩(ぼさつ。『法華経(ほけきょう』に(かれる重要(じゅうよう菩薩(ぼさつで,シャカの弟子となり,仏教(ぶっきょう伝道(でんどうのうえで大きな役割(やくわりをはたした菩薩(ぼさつであるが,現在(げんざい法華経信仰(ほけきょうしんこう者の間では,末法(まっぽうにおける法華経(ほけきょう行者(ぎょうしゃをさしていうことが多い。◇日本でも弥勒信仰(みろくしんこうが早くから行われ,多くの絵画・彫刻(ちょうこくをのこしているが,仏像(ぶつぞうでのすがたは半跏思惟像(はんかしいぞうで表され,中宮寺(ちゅうぐうじ奈良(なら県)・広隆寺(こうりゅうじ京都(きょうと市)のものが有名。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP