メニュー閉じる

*みんぽんしゅぎ【民本主義】

大正時代に吉野作造(よしのさくぞうがとなえた民主主義(みんしゅしゅぎ理論(りろん天皇(てんのう(せいをみとめたうえで,政治(せいじ世論(せろんにしたがい民衆(みんしゅう利益(りえきをはからなければならないと主張(しゅちょうし,政党内閣(せいとうないかく(せい普通選挙(ふつうせんきょ実施(じっし達成目標(たっせいもくひょうとした。

コーチ

 大正デモクラシー運動をみちびく理論(りろんとなった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP